学校ブログ

NEW 明日から修学旅行

10月7日(水)6時間目 修学旅行結団式実施

明日の修学旅行に向け、3年生は結団式に臨みました。

実行委員長の上井信太郎さんの「スローガン『率先垂範』となる修学旅行にしよう」の話に大きくうなずく3年生。きっと、充実した3日間になることでしょう。

結団式の後の整列隊形の確認での動きもスムーズでした。(写真)

楽しい旅行に「いってきます!」 「いってらっしゃい!」

★修学旅行日程 10月8日(木) 出発~函館着~トラピスチヌ修道院~函館山夜景観賞

           9日(金) 函館市内自主研修~五稜郭タワー集合~ルスツリゾートホテル

          10日(土) ルスツリゾート体験~帰着

コミュニケーション講座(富良野演劇工場の皆さんを迎えて)

 10月1日、富良野演劇工場の皆さんを講師に迎えて、1年生を対象にコミュニケーション講座を行いました。

 コミュニケーションをとる上で大切な要素がたくさん詰まった活動を通して、楽しみながら友達との触れあい、学び合いをすることができました。

 また、講師を務めていただいた演劇工場工場長の太田さんから、「色々な人と関わって、今を大切に生きてほしい」というメッセージもいただき、生徒たちは真剣な表情で聞いていました。

 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、人と関わることも消極的になってしまいがちな状況ではありますが、今日学んだことを今後の生活の中でいかし、充実した学校生活になるよう励んでほしいと思います。

ウイルス感染による差別・偏見について考える道徳

 9月29日(火)、1年生の3学級で「ウイルス感染による差別・偏見について考える道徳の授業」を行いました。生徒たちは、AIDSを発症した男の子の物語を読み、その子を拒絶した友達と、受け入れて歓迎してくれた友達の違いについて考えました。そして、『正しい知識』と、『相手を思いやる正しい行いをする勇気』が、差別偏見を防止し、共生社会の実現につながることを学びました。このことから、社会問題化している新型コロナウイルス感染症を巡る差別偏見についても触れ、身近な人が感染しても、相手の気持ちを考えた行動ができるように決意している生徒が多くいました。

※この授業の様子を、10月1日の北海道新聞(朝刊)に掲載していただきました。

 

◆お知らせ

10月1日より後期に入っています。部活動の時間が冬期日程(18時まで)に変更になっていますので、ご確認ください。

 

吹奏楽部定期演奏会 感動と感謝をみんなに!

9月26日(土)午後2時から、第30回吹奏楽部定期演奏会が、本校体育館で行われました。

今年は、新型コロナウイルスのため、コンクールや各種発表機会がすべて中止とり、今年の3年生にとっては最初で最後の発表の場となりました。コロナ対応のため、演奏者の間隔をあけるほか入場者数を100名程度にするなど、制限を受けた中での演奏会となりましたが、生徒のこの定期演奏会にかける思いはとても強く、気持ちのこもった演奏で、来場された多くの方々の心を魅了するものでした。

吹奏楽部の皆さん、感動の演奏会をありがとう!

感動をくれた吹奏楽部のみなさんと、共にその感動を分かち合えた多くのみなさんに感謝します。

体育大会総練習を振り返って

 9月9日(水)の1~3校時に体育大会総練習を実施しました。

 とても暑い日でしたが、休憩時間を長く確保し水分補給もしっかりとるなど、熱中症対策を講じた中で行いました。

 生徒は、感染症対策のルールを守った上で、元気に活動していました。特に、連合種目では、3年生を中心として2つのチーム(赤連合、青連合)ともまとまっており、どの種目も手に汗を握る戦いでした。

 この総練習を振り返り、生徒の行事に対する熱心な態度に感心しています。

 今年度の体育大会は、感染症リスク低減のため、観覧の人数制限(保護者と生徒の兄弟姉妹のみ)をしております。当日の生徒の頑張っている様子は、ホームページや学校だより等を活用して地域の皆様にお伝えいたします。